2011年04月18日


060805_1220~0002.jpg
矢野がバトラーツを辞めて約1ヶ月。


2月に大阪で試合があった時、矢野が


「うちの実家に泊まりませんか?」


と誘ってくれた。
嬉しかった。


矢野ファミリー総動員で歓迎してくれてちょっと寒いけど庭でバーベキュー。



そして次の日、あいつが通った学校。あいつが育った商店街。あいつが遊びに行った喫茶店などを見ながら、面白い話を聞いた。



矢野「ニューヨークと大阪の街並みは構造的に同じなんです。」


まじかよ!


だからニューヨークの人は大阪に来てもあまり迷わない。逆もしかりだと。



うそーん!



矢野「豊臣秀吉の頃に街の基盤を作った素晴らしい技術者がいて、アメリカでも評判になったらしいんです。」



フムフム。



矢野「で、その人を呼んでニューヨークの街の基盤を作ったらしいんです。」



まじっすか!



矢野「その人は『旗』さんという名前で日本ではみんなからは『はったん』と呼ばれていたらしいんです。だから、ニューヨークの人達は、はったんに敬意を込めて街の名前を・・・ 」



まさか・・・ !



つづく!



画像は入門当時の矢野啓太。
posted by 澤宗紀 at 17:26 | 日記
spacer